読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路を散歩する

ミーハーなおたくの記録、ときどき映画案内

ブルックリン(2015年)

映画案内のようなもの

ジョン・クローリー監督/アイルランド,イギリス,カナダ製作

アイルランド版『魔女の宅急便』、ひとりの少女の美しい成長物語

Brooklyn

 原題はそのまま「Brooklyn」。アイルランド出身の作家、コルム・トビーンの同題小説が原作。

 1950年代、遠くアイルランドから、ニューヨークのブルックリンへひとりの内気な少女が移住してきた。名前はエイリシュ。故郷に母と姉を置いてひとりでアメリカへやってきたエイリシュは、慣れないデパートの仕事やホームシックに悩まされながらも徐々に自分の居場所を確立していく。しかしアイルランドの家族にある事件が起こり、彼女は急遽、帰郷することになる…。

 まず言いたいのは、これは「魔女の宅急便」であるということ。ひとりの少女が新しい街でさまざまな人に出会い、助けられながら自分の生きるための場所を獲得してゆく物語なのである。

 主演のシアーシャ・ローナンの抑えめの演技がとても良く、少し頑固で真面目で、しかしユーモアのセンスも持ち合わせている少女エイリシュをチャーミングに演じきっている。特に恋人とのやりとりをするシーンで見せる茶目っ気のある表情はめちゃめちゃかわいい。また、ブルックリンでエイリシュが住んでいる寮の寮母や同じ寮に住むアイルランド移民の女の子たち、恋人であるイタリア系移民トミーとその家族など、ニューヨークでエイリシュを囲む人たちのキャラクターもそれぞれ愛情深く描かれている。要所要所で笑える会話やシーンもあり、そのなかでも私のお気に入りのシーンはパスタの練習シーン。

 時代や国は違えど、生まれ育った場所から外へ出て新しい環境で生活したことのある人になら誰にでも共通する不安や葛藤、喜びなどを描いた美しい作品である。

…エイリシュと昔の自分とを重ね合わせてしまい正直何度か泣いた。