読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路を散歩する

ミーハーなおたくの記録、ときどき映画案内

マン・アップ!60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年)

ベン・パーマー監督/イギリス製作

次々と繰り出される下ネタのオンパレード!拗らせ系男女のデートの結末は?

Man Up [Blu-ray + Digital HD]

 

 舞台はロンドン。妻に浮気された挙句、離婚を切り出されているが未練タラタラなジャックと、皮肉屋で下ネタが大好き、かつ4年間恋人のいないナンシーの二人がちょっとした勘違いからデートすることになる…というラブコメディ。

 5月の初めあたりに公開していたサイモン・ペッグ主演の「ミラクル・ニール」を観そびれてしまったことを後悔しており、サイモン・ペグ*1がどうしても見たくて見たくて見たくて観に行った。前宣伝ではサイモン・ペグ演じるのは中年のダメ男ということだったけれど、「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ワールズ・エンド」と比べるとそんなにダメ男ではなかった。しかしキャラクターとしては妻に捨てられた中年男の哀しみが十二分に表現されていて、その哀しみ故にサイモン・ペッグの色気が十二分に醸し出されており、端的に言うとすごく良い。ヒロインのナンシーも(本当に)下ネタばっかり言うのに明るくて魅力的でかわいい。スタイルも素晴らしい。それに加えてナンシーの昔からのストーカー(だと思う)の同級生も映画全体の良いスパイスになっていて、非常にバランスのとれた良い映画である。ロンドン各地の有名スポットで撮影が行われており、これも見所のうちのひとつ。

テンポが良くて下ネタもあって、げらげら笑えてサイモン・ペグの色気も感じられる、大満足のラブコメディである。

*1:個人的にはサイモン・「ペグ」表記が好きだがはてなキーワードではサイモン・「ペッグ」表記のようなので意図的に混同させている