読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路を散歩する

ミーハーなおたくの記録、ときどき映画案内

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年)

トッド・フィリップス監督/アメリカ製作

抱腹絶倒の100分間!失われた記憶と新郎を取り戻せ!!

ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い (字幕版)

 親友のダグが結婚することになり、フィルとスチュアートは彼のためにバチェラー・パーティー(独身最後の夜を祝うパーティーのこと)を企画していた。しかし、ダグの婚約者の弟であるアランも参加したいと言い出す。昔からの仲間でもなく、やたらと行動的な引きこもりニートのアランに難色を示すフィルとスチュだったが、結局、結婚式前日にはアランを含めた4人で借り物のベンツを飛ばしてラスベガスへと乗り込むこととなった。高級ホテルのスイートルームを取り、カジノへ繰り出し酒を呑み、最高の夜になるはずだったが…。次の日目覚めると部屋はぐちゃぐちゃ、全員記憶を失い、なんとダグがいない!フィル、スチュ、アランの3人は果たして夕方までにダグと自分たちの記憶を見つけ出し、結婚式に間に合わせることができるのか?

 とにかく次から次へと襲いかかってくるアクシデントに抱腹絶倒!とびきり下品で不謹慎な出来事の連続に魅了されること間違いなし。トッド・フィリップス監督は映像を学んでいた学生時代には真面目なドキュメンタリーを撮っていたらしいが、何がどうなってこの映画にたどりついたのか…尋常ではない振り幅をお持ちである。

 題名の“HANGOVER”は「二日酔い」のこと。シリーズ化されているので、おもしろかったら2作目、3作目(完結)もぜひ。3作目まで見終わったとき、あなたは謎のすがすがしさと少しの寂寥感に襲われる…間もなく、エンディングで再び笑いの渦に巻き込まれるであろうことを断言しておく。とにかく笑いたいときにオススメの一本。アメリカらしい底抜けのバカバカしさである。