読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路を散歩する

ミーハーなおたくの記録、ときどき映画案内

ラストキング・オブ・スコットランド(2006年)

ケヴィン・マクドナルド監督/アメリカ,イギリス製作

西ヨーロッパの若者とアフリカの独裁者の危うすぎる関係

ラストキング・オブ・スコットランド [Blu-ray]

 1970年代のウガンダに降臨した独裁者イディ・アミンに偶然気に入られたスコットランド人医師が主人公。医大を出たばかりで世間知らずかつ自惚れ屋の彼は、無邪気に慕ってくるアミンと火遊び気分で友好を深めてみることにする−−。

 適当に女を引っ掛けたり、アミンに貰った高級車を乗り回してみたりする主人公。この軽薄な若者の目線で独裁者アミンの姿が描かれている。アミンといえば東アフリカのボクシングチャンピオンになったこともあり、ユーモアのセンスに溢れ、明るい性格で場を和ませることもあったと伝えられる一方で、”黒いヒトラー”や”人喰い大統領”と称され、前政権のオボデ派を弾圧、次々と処刑しその数は30万人にも及ぶと言われている大虐殺者である。主人公がその残虐性に気付いた時、ふたりの関係はどうなってしまうのか。

 アミンの二面性がとてもうまく描かれていて、ただ残虐さのみを描いたものよりリアリティを増している。

 これは戦争映画ではないが、理不尽な暴力に晒されるひとびとが出てくるのでこのカテゴリに配置した。ラストは凄惨なシーンの連続で、恐ろしく指と指の隙間から覗き見るほどだった。決して気持ちが落ち込んでいるときには見ないように。