読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路を散歩する

ミーハーなおたくの記録、ときどき映画案内

ミッドナイト・イン・パリ(2011年)

映画案内のようなもの

ウディ・アレン監督/スペイン,アメリカ製作

めくるめく黄金時代のパリへ!ロマンチストここに極まれり

ミッドナイト・イン・パリ [DVD]

 脚本家として安定した収入を得ているギルは、本当はずっと小説家になりたいと考えていた。書きかけの処女作を携えた彼は、婚約者イネスとその両親とともにパリに旅行へやってくる。ギルはかつて『狂乱の20年代』と呼ばれ、第一次世界大戦後の好景気に人々が浮き立ち、世界中の芸術家たちがパリのサロンに集まってさまざまな文化や芸術を生みだした黄金時代に心酔しており、憧れのパリにこのまま住もうとイネスに提案するが、すげなく断られてしまう。

 深夜0時。酔っ払ってひとりで街をさまようギルの前に古めかしいプジョーが現れた。誘われるままに乗り込むと、車が到着した先はなんと憧れ続けた1920年代のパリだった!コール・ポーター、ジョセフィン・ベイカー、 アーネスト・ヘミングウェイパブロ・ピカソなど錚々たる芸術家たちと出会ったギルは、次第に自分の将来について考えを改めていく。

 華の都パリに魅せられた男が魔法にかけられ、きらびやかなモダン・エイジの時代へタイムスリップするというロマンチスト垂涎の物語。セーヌ河岸やベルサイユ宮殿、モネの庭園など、パリの観光名所や街並みも楽しめる。ストーリーに深みはないので、ぼーっとしたいときにおすすめ。