読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路を散歩する

ミーハーなおたくの記録、ときどき映画案内

2016年4月に観た映画リスト+何作かについての感想

  1. スター・トレック (2009 アメリカ)
  2. モネ・ゲーム (2012 アメリカ)
  3. アンダーグラウンド (1995 フランス ドイツ ハンガリー)(2回目)
  4. マトリックス レボリューションズ(2003 アメリカ)
  5. マトリックス リローデッド (2003 アメリカ)
  6. スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013 アメリカ)
  7. 僕が星になるまえに (2010 イギリス)
  8. 8月の家族たち (2013 アメリカ)
  9. フル・モンティ (1997 イギリス)
  10. あるスキャンダルの覚え書き (2006 イギリス)
  11. フランケンシュタイン カンバーバッチ as 怪物ver. (2011 イギリス)
  12. アマデウス (1984 アメリカ フランス)
  13. ジプシー・キャラバン (2006 アメリカ)
  14. FARGO シーズン1 (2014 アメリカ)
  15. アイヒマン・ショー (2015 イギリス)
  16. アンダーグラウンド(3回目)
  17. ジプシーのとき (1988 イギリス イタリア ユーゴスラヴィア)

 最寄りのレンタルDVD店にあるマーティン・フリーマン出演作を借り尽くしたので、ベネディクト・カンバーバッチ出演作を観倒した4月。

「僕が星になるまえに」は雰囲気ムービーかと思いきやラストがすごく良かった。あのラストを踏まえてもう一度見直すとより楽しめるかもしれない。いや、そんなことないか。カンバーバッチ氏がFワードを言っているのが新鮮。

「8月の家族たち」ではカンバーバッチ氏の可愛さが遺憾なく発揮されていてにやつきながら観た。映画そのものについてはメリル・ストリープの演技がすごく良かったことと、女の嫌なところがたくさん見られるので童貞諸氏にはぜひ一度この作品をご覧いただきたい。「あるスキャンダルの覚え書き」も合わせてどうぞ。

スター・トレック イントゥ・ダークネス」は優生人類バッチが優生人類すぎてホップ・スポック・ジョン・ハリソン。

マトリックス」シリーズは1作目しかおもしろくなかった。2作目と3作目ではアクションシーンで寝落ちするという貴重な体験ができた。どうしてこうなった。

「FARGO」はすごく良かった。主軸は凄惨なサスペンス物なのだけれど、絶妙なタイミングでコメディシーンが挟み込まれていて、またテンポも良く楽しんで観られた。

アンダーグラウンド」「ジプシーのとき」については後日また。